読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chunnの放浪記

海外ドラマをメインに、いろいろなことをつぶやいていきたいと思います。

ウォーキングデッド シーズン7 第9話あらすじ(ネタバレ注意)

ウォーキングデッド

ウォーキングデッド シーズン7 第9話あらすじです。

 

 

ここから先はネタバレを含む記事になります。ご注意ください。

 

 

 

 


アレクサンドリアにて

ガブリエルが夜間の見張りをしている。ある方向を見ると不安な顔をし、食料倉庫へ向かう。

食糧倉庫にて箱に食糧を詰め、武器をかき集め車に乗せ、車で過ぎ去って行く。
車にはガブリエルの他にもう一人の姿が・・・。

 

ヒルトップにて

生きるために、仲間のために闘うことを決めたリック。ダリル、マギー、サシャとも再会を果たし、皆とともに闘う決意をする。ヒルトップのトップであるグレゴリーに共闘の要請をしようと持ちかける。しかし、グレゴリーは拒否。救世主を倒すと言いながら失敗し、さらに危険を増やしたリックに取引は無効であり町を出て行くように告げる。

グレゴリーのオフィスを出るとイーニッドが屋敷に入ってくる。イーニッドに導かれ外に出るとヒルトップの住人が集まって告げる。

「一緒に闘う」と。

もっと人数を集めるか武器を集めることを話し合う。その中でジーザスがエゼキエル王に会うことを提案する。

キングダムにて

ジーザスはリックたちをエゼキエル王に合わせるため王国へ連れてくる。ここは町の果て。

馬に乗ってきた王国の警備兵リチャードともう一人。ジーザスは二人にリックたちのことを紹介し、エゼキエル王に会いたいと告げる。

リチャードは持っている銃を渡せと言い、それに従いついて行くリックたち。
王の所へ向かう中でリチャードとジーザスは話す。

リチャード「新しく協定を結ぶつもりかもしれないが、救世主の問題を解決する方が先だ」
リチャードも救世主の問題を解決しなくては、いつか取り返しのつかないことが起きることを察知しているらしい。
ジーザス「お前はあまり笑わないが、今日は笑顔になると思うよ」

 

王国では大勢の人々がいる。
モーガンを発見し、互いの無事を確認する。

モーガンはリックとダリルに「キャロルは無事だがここを去った、探して欲しくないらしい」と話す。

エゼキエル王に会い、アレキサンドリアは一度救世主に勝ったつもりだったが、ただの基地だったことを話す。脅威は健在し、仲間が殺されたこと、ダリルは追われる身になったことを告げる。世界を変えるために一緒に戦ってくれるよう説得をする。

リチャードは賛成し、一緒に戦ってはどうかと王に話す。

王はモーガンにどう思うか疑問を投げかける。

モーガン「救世主だけでなく、大勢の人が死ぬ。他の道を模索してみてはどうか、例えばニーガンだけを捕らえるとか」

ここで話し合いは終わる。王は考える時間を一晩欲しいと話す。
ベンジャミンは森の中で訓練をしているらしい。森の中にいるキャロルをウォーカーだと思い近づく。キャロルはもうじき暗くなる、死にたくなかったら戻りなさいと助言する、足音を立てないようにとも。

王国に戻ったベンジャミンは王へと話す。「手助けしてみてはどうか、どっちみち彼らは戦う。協力しなければ彼らは勝てないだろう。万が一勝てたら手助けしてない僕たちは・・・。

翌日、ベンジャミンの助言もむなしく、王はリックたちに一緒に戦うことはできないが、追われる身であるダリルを匿おうと提案する。

ダリルはリックと一緒に王国を出て行くと話すが、リックは説得する。
「ここに残る方が得策だと分かっているだろう。王の説得を続けてくれ」

ダリルを残し、リックたちは王国を去る。

 

アレクサンドリアへの帰り道

車で塞がっている道にぶつかる。救世主たちが塞いだのだろう、近くには奴らの基地がある近寄らせないためだ。

しかし、通らないわけにはいかない。車をどかして通ろうとする中で罠を見つける。ウォーカーを引っ掛けるための罠で、車と車の間にワイヤーが通してあり、爆薬(ダイナマイト+RPG)が仕掛けられている。リックたちは解除し、手に入れようとする

その途中、ジーザスが救世主たちの基地へ潜り込んだ時に盗んだ無線が流れる。

「ダリルが家に戻ったらしい。アレクサンドリアに行きくまなく探せ」ニーガンからの指示が入る。

ロジータが爆弾の解除を行い、ダイナマイトをワイヤーから外すように指示する。

外しているとウォーカーの群れが迫ってきた。サーシャとジーザスに徒歩でヒルトップへ向かうようリックは指示する。

ダイナマイトを外し、リックとみショーンはワイヤーが張られている車同士を走らせ、ウォーカーの群れをぶった切る。

二人は多くのウォーカーを倒した後、乗ってきた車へと乗り込みアレクサンドリアへと向かう。

アレクサンドリアにて

アレクサンドリアへ着き、息もつかないうちに救世主捜索部隊がアレクサンドリアにやってくる。

ダリルがいないか捜索する救世主捜索部隊。いるはずもない、ダリルは王国にいるんだもの。

安心して捜索部隊に協力するリックたち。捜索する中で食料倉庫に行くと中がカラになっていることに気づく。

捜索部隊が引き上げる。その途中、サイモンが言う

「ダリルはいつか現れる。時効はないぞ、奴が現れたら手斧が必要になるから磨いておけ」

捜索部隊が去っていった。

リックは倉庫の中身はどうしたんだと話す。トビーたちがガブリエルがいなくなり、食料と車もないと告げる。

ロジータ「あいつ、食料を持って逃げたんだね」

みんながそれを信じる中、リックは信じない。

手がかりを探す中、床に聖書が落ちていることに気づく。聖書の中には何も記載はない。

机の上のノートを手に取り、手がかりがないか探すリック。ノートの一番後ろに「BOAT」という記述を見つけ、これが手がかりだと話す。

リックたちは以前物資を得たことのあるボートハウスへ向かう。そこには足跡が残されており、それを追っていくリックたち。

少し広い場所に出ると、武器を持っている人々に囲まれる。50人くらいはいるだろうか、絶対絶命のピンチの最中、リックは周りを見渡し

ニッコリ

 

 

ウォーキングデッド シーズン7 第9話 終了